スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
取り急ぎ
鹿燭掲示板


国内交流用の掲示板を立ててみました。
普段の交流や、戦時の打ち合わせ等にご使用ください。
デザインは今後使用感に問題あれば随時変更します。
スポンサーサイト

( 2009.07.27 ) ( 大華・設定 ) ( COMMENT:0 )
鹿燭案内





以前ブログで出させていただいた仮の国内設定を、いただいたコメントや絵チャでのやり取りをもとにシートにまとめさせていただきました。
ちっちゃい顔を描くのが楽しかった!特に他国の国王様方は、なかなか普段から描く機会もありませんし…
ご意見を下さった皆様、そしてシート内でお借りした皆様、ありがとうございました。

( 2009.07.26 ) ( 大華・設定 ) ( COMMENT:0 )
鹿燭国詳細(仮)
まず、立志期間中の慈安への応援・支援絵、本当にありがとうございました。
いろんな人に書いていただき、またついていきたい、など声を掛けていただいて作者冥利に尽きます。
これから約半年、鹿燭の皆さんと一緒に頑張らせていただきます。よろしくお願いします。


で、国内の簡単な情報についてまとめました。続きを読むから見てください。
現在の国内の様子、簡単な歴史、大戦への対応をさらっとまとめてあります。
企画主さんの国内情勢の文もかなり引用改変してます。
こちらは暫定版なので、是非ご意見ご感想お聞かせください。
それを踏まえまして、他国との繋がり等詳細が決定次第、ピクシブにシートの形で正式にアップさせていただきます。



( 2009.07.13 ) ( 大華・設定 ) ( COMMENT:2 )
江淳・詳細


肌色多いよ!


普段、鉛筆で紙にor適当にSAIで下書きして、その後SAIでペン入れ→彩色するんですが、下書きの状態だと肌色の比率って分からないのよね…
キャラシも案外肌色だったんですが、コレはね、もうね…

とりあえずウチの裸族・江淳の平服と刺青などの補足です。
書き文字が小さくてすみません;;

描いてない見た目の補足としては、刺青は腰と顔以外体をぐるっと一周するように入ってます。
武器は本当に未定。
木の属性(風)をつけたはいいものの、キャラクター的にどうにもそれを有効活用できるほど器用には戦えなさそうで、追々決めていってもいいのかな、と思っています。

んで、江淳のコンセプトは当初「肉体派インテリ」でした。
顔に入ってる刺青の原型は実は眼鏡なのです。(時代的に眼鏡はないだろうと削除、でも顔を横切るものが欲しくてああなりました)
…はずなのですが、いつの間にか「頭がよかったことを忘れてる筋肉バカ」になってしまいましたorz
どうして文主になったんだ、と言われる感じの肉体派を目指していたはずが、どうして武主になったんだ、という肉体派に。
武術も得意じゃないので、持ち前のスタミナと薬作ることと貧乏根性しかとりえがないです。
地図読めないので頭脳戦にも役立つかどうか…
ちなみに、山の中では帰巣本能が働くのかそこまで大変なことになったことは…なかったよ、あんまり。都会の街の作りが苦手なんだと思います。

首都より国境の方が近いド田舎から出稼ぎに出てきている江淳ですが、貧乏の理由は実家の方に弟妹がたくさんいるからです。
今までは村の中で自給自足しつつ、助け合いながら生活してこれていたのですが、最近秦華側に卸している薬が買い叩かれるようになってしまって、兄弟を養うのがちょっと苦しくなってしまったので出稼ぎに出ることになりました。
元々山の中で清貧生活だったので節約は得意ですが、欠食児童なので食べる時はすごく食べます。
恐れ多くも副将軍・狼燕さんにたかりにいったりしているようです。

都会で一人暮らしは寂しいので、酒場や港によくいます。
武術のお師匠さんも探していて、強い人を見かけるとキラキラした目で観戦してます。
蘆葦さんや尖英さんは強いので憧れの人。伊沙さんは無口だけどかっこいい隊長。
万承さんにはいつかお世話になりたいけど、強くなるまでお預けかなぁ…職人って素敵。
直哉さんは薬師としてぜひ教えを乞いたいです。

( 2009.06.30 ) ( 大華・設定 ) ( COMMENT:0 )
大華・キャラ紹介2
昨夜は絵チャお疲れ様でした。
自分は秦華・鹿燭部屋に日付が変わった頃から3時間ほどいさせてもらったんですが、たくさんの人に構っていただきまして、大変楽しかったです。ありがとうございました。





んで、うpから日が開いてしまったんですが鹿燭王に立候補させていただいた婆様です。

一人称:わたくし 二人称:あなた

老いてなお聡明で賢い女性。
若い頃から特に人の扱いに優れ、能力のあるものは老若男女問わず地位ある職に推薦してきた。 

伝統を重んじるが、新しいものも大好き。
戦いはあまり好まず、水の利を生かした交易で国としての地位を保ちたいと思っている。

国内では懐広く聡明な賢母の顔をしているが、国外からの評価は腹の底の見えない食えない老婆といったところ。
家柄・年齢・性別を無視した能力重視の人事や、かなり高齢であることから反発も多少ある。


国主イベが発表されて、「王様いないと大変なことになるよー(超意訳)」ということで焦って作ったんですが(だから江淳みたいに背景に別のカット使えてないんですorz)、思いの外たくさんの人に受け入れていただけたようでよかったです。
すっごいいっぱいブクマ米がついてて、正直びっくりしましたwww

んで、さっきの絵チャにてわかめさんの朱狛おじいちゃんに声を掛けていただきまして、若い頃になんかロマンス的なサムシングがあったらいいなぁ、ともそもそ妄想しておりますww

というか、なぜ女王なのか、夫・子供・孫他親類縁者の有無、引退しない理由もまだ全然考えてなくって、今後他の参加者の方のキャラクターとの関連を見つつ、決めていきたいと思っています。

( 2009.06.27 ) ( 大華・設定 ) ( COMMENT:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。